SiteMap

成形時のメヤニを防ぎ現場でスプレー等で簡単に追加塗布できる離型剤

ハンドル

フッ素コーティング加工の便利な特性を応用した、フッ素系離型剤という離型剤があります。ゴムやプラスチック、シリコンなどを素材とする製品を成形する際、金型に材料を注入して内部で固めるという方法を取っていますが、その際、金型には離型剤を塗布する必要があります。そうしないと、素材が金型内壁にこびりついて、成形物をその形のままで型から取り出すことが出来ないためです。フッ素系離型剤は、この作業を非常に容易にしてくれるのに加え、作業中にメヤニという余計なものが出来るのを防ぐことも出来ます。メヤニは、成形作業を連続して行う上での阻害要因の一つですので、メヤニが発生しないことは、生産効率の維持向上の上で大きなメリットとなります。
また、離型効果の低下も、連続離型のもう一つの阻害要因です。ここでも、フッ素系離型剤のメリットが大いに生きてきます。それは、フッ素系離型剤なら、刷毛やスプレーで簡単に追加塗布が可能なためです。離型効果が下がり、綺麗な成形ができなくなってきたら、スプレー噴射等で離型剤を補充して、乾燥後に作業を再開すればいいのです。乾燥までの時間が短く、特に高温を要しないことも、フッ素系離型剤の便利なところと言えるでしょう。

contents

作業服の男性

成形時のメヤニを防止できる離型剤を選択しよう

プラスチックやゴムの製品は、いずれもありふれたものという認識の人は多いでしょう。あらゆる産業分野において、幅広い用途に使われる数多くの製品がありますが、ゴ…

MORE ▶